イントラレーシックとアマリスZレーシックを比較

イントラレーシックと普通のレーシック

普通のレーシック

 

レーシックの機械は様々あります。どんどん進化しています。レーシックの手術の方法で、点滴麻酔をして目を固定してフラップを作り、そこにレーザーを照射しフラップを固定します。

 

イントラレーシック

 

イントラレーシックとは、レーシックが進化した技術と捕らえれば良いでしょう。元々レーシックでは、眼球の表面を「マイクロケラトーム」という医療用精密メスで切開していました。

 

角膜にレーザーを照射して矯正するために、保護している薄い膜を切り開く必要があるんですね。その際にメスを使用していたのが、一般的なレーシックです。

 

イントラレーシックの場合は、このメスの代わりに「イントラレースレーザー」という専用のレーザーメスが使用されます。このレーザーの名前をとって「イントラレース」と呼ばれているというわけです。

 

メスよりもレーザーのほうが精密な加工が可能だというのは判り易いですよね。これがレーシックの場合もそのまま当てはまり、とても精密な制御によって最小限の切開による手術を可能にしたのが、イントラレーシックです。

アマリスZレーシックはここが凄い

アマリスZレーシック

レーシックの機械の一つには変わりないのですが、立体的です。7次元で目の動きなどを認識するのですが、次元全ての動きを1秒間に1050回という速さで認識するとはどんな世界なのでしょうか。

 

手術事態は変わらないのですが、レーザーの照射による熱を分散させる照射システムを搭載しています。しかも術後には、見え方が変わっているというのは驚きです。

 

見え方の違い

アマリスは「アベレーションフリープログラム」という、術後に高次収差(メガネやコンタクトレンズでは矯正することはできない、角膜のごくわずかな歪み)を増加させない照射方法を使っています。

 

そのために、高次収差が抑えられ自然な見え方になります。これは網膜に光が達するまでに回復するためです。

 

それは「レーシック」では不可能で、目の動きをすさまじい速さで追いかけられる「アマリスZレーシック」だと眼の傾きに対応るため、それによって正確な照射位置へ、レーザー照射を当てることを実現しています。