イントラレーシック

レーシックの大きなメリット

近視などによって低下してしまった視力は、今まではメガネやコンタクトで矯正し、生活に支障が出ない程度の視力を確保するしかありませんでした。

 

しかし、2000年に専用機器が日本国内で認可され知名度が急上昇したレーシックは、日帰り程度の手術で視力を回復させるという、視力の問題に悩む方たちにとって非常にありがたい治療をもたらしました。

 

レーシックは今や誰でも知っている治療法であり、これほど急速に広まったということはやはりそれだけのメリットがあり、お勧めできるものだからというのは当然ですね。

 

メガネやコンタクトレンズを用いた視力の矯正では、ある程度までは回復しても大幅な改善が期待できるものではありません。

 

その点レーシックならほとんどの場合裸眼で1.0以上まで回復しますので、視力や視野に関する悩みは一度に解決してしまうでしょう。

 

またこの視力回復が、大げさな手術ではなく日帰り程度で実現しているところもレーシックをお勧めする理由の一つになります。

衛生面や安全性にもメリット

メガネを使用している方なら誰もが感じていると思いますが、メガネの装用というのはとても煩わしいものですね。

 

また眼球のすぐ側にレンズがあることによって危険な場合もありますし、スポーツ時などはとても気を使うものです。

 

またコンタクトレンズの場合は、眼球に直接触れていることによる衛生面での不安が残ります。コンタクトレンズではこまめな洗浄や交換が指導されますが、これらを確実に守っても衛生面で100%安全と断言できないのは明らかですね。

 

こうした部分でもレーシックには大きなメリットがあります。手術によって視力が回復した後はもちろん裸眼で過ごすことが可能ですので、煩わしさや衛生面での不安から開放してくれるのです。

 

最近では価格面も手ごろになってきたレーシックには、とても大きなメリットが沢山あり、それらが全てお勧めの理由になっているということですね。